TOP > トピック一覧 > gallery > 【3331 ART FAIR 2022同時開催】「Hand in hand-つながる-」10人のグループ展
エイブル・アート・ジャパンの事業

News
2022/12/1
*東京事務局開室日のお知らせ
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、東京事務局は在宅業務を基本とし、当月の開室日は次の通りといたします。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。
・12/1(木)、6(火)、8(木)、13(火)、15(木)、20(火)、22(木)、27(火) 11:00-17:00
*変更する場合があります
●閉室時のご連絡方法
代表電話:業務携帯070-5041-6043(平日10:00〜18:00)
代表メール:office@ableart.org
・個別にスタッフのアドレスおよび電話をご存じの方は、これまで通り直接ご連絡ください。

●宅配便や郵便物のお送りについて
お急ぎの書類や捺印・返送が必要な書類につきましては、大変お手数ですが、上記法人代表電話またはメールまでご連絡ください。個別に対応方法を協議させていただきます。
サイト内検索
メルマガ登録・RSS講読


























RING!RING!プロジェクト

競輪の補助を受けて実施しました
(平成24年度完了事業)

●福祉をかえる『アート化』セミナー@宮城
●福祉をかえる『アート化』セミナー@福島
●福祉をかえる『アート化』セミナー@岩手

gallery
【3331 ART FAIR 2022同時開催】「Hand in hand-つながる-」10人のグループ展
【3331 ART FAIR 2022同時開催】「Hand in hand-つながる-」10人のグループ展

距離を超えてつながった大切な仲間たちと、
作品を今見てくれているあなたと、
そして、この先の未来へと、社会へと、
たくさんの出会いに感謝を込めて。
「Hand in hand」
これからも、私たちは、たくさんの場につながっていきます。

アーツ千代田3331
▼Selection-GYM(2F体育館)
10月29日(土) 12:00-20:00/30日(日) 12:00-18:30
3331 ART FAIR 2022の入場料がかかります
▼A/A gallery
10月29日(土) 12:00-20:00,30日(日) 12:00-18:30
11月1日(火),3日(木),4日(金),6日(日),8日(火),10日(木),13日(日),15日(火),17日(木),19日(土),22日(火),23日(水祝),24日(木),27日(日),29日(火) 平日11:00-19:00/土日祝11:00-17:00
※入場無料

  月  
10/29
12:00-19:00
30
12:00-18:30
31
 
11/1
11:00-19:00
2
 
3
11:00-17:00
4
11:00-19:00
5
 
6
11:00-17:00
7
 
8
11:00-19:00
9
 
10
11:00-19:00
11
 
12
 
13
11:00-17:00
14
 
15
11:00-19:00
16
 
17
11:00-19:00
18
 
19
11:00-17:00
20
 
21
 
22
11:00-19:00
23
11:00-17:00
24
11:00-19:00
25
 
26
 
27
11:00-17:00
28
 
29
11:00-19:00
30
 

A/A galleryでは「3331 ART FAIR 2022」の会期とその後11月末まで、「つながる」をテーマにグループ展を開催します。
九州・福岡から東北・仙台までの6つの団体から10名のアーティストをむかえ、アーツ千代田3331での集大成となる展覧会となります。
皆さまのお越しをお待ちしています。


出展作家

  • 佐伯綾香(工房まる/福岡)
  • 山田恵子(工房まる/福岡)★
  • 青木優(アートセンターHANA/奈良)
  • 山野将志(アートセンターHANA/奈良)
  • 安田真隆(Good Job!センター 香芝/奈良)★
  • KATSU(やまなみ工房/滋賀)★
  • 田村拓也(やまなみ工房/滋賀)
  • 五十嵐朋之(クラフト工房 La Mano/東京)
  • 尾崎文彦(クラフト工房 La Mano/東京)
  • 浅野春香(浅野春香事務局/宮城)

★印は「3331 ART FAIR 2022」Selection-GYMでの展示(10/29-30)の後、A/A galleryに場所を移して展示します。
それ以外はA/A galleryでの展示(10/29-30および11月中の開廊日)となります。


出展作品について

A/A galleryがこれまで共に活動してきた仲間たちが身近な道具で描いた作品は、色もタッチもさまざま。伸びやかな線、大胆な筆跡、綿密な線の集積。繰り返すリズム。
それらのタッチから作家の息づかいを感じ取ることができます。
一人ひとりの作品にフォーカスしてみると、それぞれに秩序がありますが、それがその人のリズムであり個性であることに気づきます。
本企画ではギャラリーの壁全面を最大に使用して、あふれるほどに作品を展示しました。
さまざまな感性が響き合い、楽しい空間が生まれています。